【まとめ】jQuery CDNの使い方

プログラミング

jQueryの使い方にも何種類かありますが、今回はCDNというものを使う方法を簡単にまとめます。 

【まとめ】jQuery CDNの使い方

CDNとは

コンテンツデリバリネットワーク(英: content delivery network、CDN)とは、ウェブコンテンツをインターネット経由で配信するために最適化されたネットワークのことである。コンテンツ配信網とも。

コンテンツデリバリネットワークwikipediaより

簡単にいうと、Web上にあるものを使ってください(ダウンロードしない)ってことです。

CDNの種類

CDNには主に1系〜3系まで種類があります。

使用するプラグインなどによっては連携すべきjQueryの系列、バージョンが固定なので

適切な系列のCDNを記述しましょう。

簡単にコピペできるように下記にそれぞれ示してあります。

1系

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.12.4/jquery.min.js"></script>

2系

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js"></script>

3系

<script src="https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js"></script>

記述する場所

htmlは上から読み込んでいくので、必ずjQueryのコードの上に書いてください。

headの中に書いたり、</body>の手間に書いたり、時と場合に合わせて臨機応変に。

デメリットはなに?

ダウンロードしなくていいし、CDNにはデメリットはないんじゃないの?

デメリットはあります。

例えばCDNの配信元、サーバーがダウンしたなどなれば、jQueryが動かなくなるので、最悪サイトが表示できなくなります。

復旧するまで正常に動かないとなると、なかなかまずいですよね。

まとめ

非常に扱いやすいCDNですが、デメリットも合わせて認識しつつ、適切に運用しましょう。

では快適なWebライフを。

タイトルとURLをコピーしました